ビジネスホテルの「シングル」と「ダブル」、「ツイン」の違いとは?

2019年7月4日

ビジネスホテルの客室の種類といえば、「シングル(ルーム)」や「ダブル(ルーム)」、「ツイン(ルーム)」が一般的。

ベッドの大きさが違うというのはわかりますが、実際はどのように違うのでしょう。

今回はそんな「シングル」と「ダブル」、「ツイン」の違いについてお伝えします。

シングル

「シングル」はシングルベッドが1台置かれた1人用の部屋のこと

シングルベッドのサイズは幅100cm前後、長さ200cm前後(※建築設計者が標準的に用いる寸法)のベッドです。ベッドのサイズはメーカーや設置しているホテルによっても違い、誤差はあります。特に長さはメーカーによる違いが大きいでしょう。

ベッドの大きさは以下の表を御覧ください。

長さ
シングルベッド 100cm前後 170cm~200cm程度
セミダブルベッド 120cm前後 170cm~200cm程度
ダブルベッド 140cm前後 170cm~200cm程度

また、「シングル」と「ダブル」の間のセミダブルルームというものもあります。

セミダブル

「セミダブル」はセミダブルベッドが1台置かれた1~2人用の部屋のこと

料金も「シングル」と「ダブル」の間でリーズナブルで、一人でゆったり寝たいときやカップルで安く泊まりたいときなどに利用するといいでしょう。

ダブル

「ダブル」はダブルベッドが1台置かれた2人用の部屋のこと

ダブルベッドならカップルでもゆったり寝ることができます。お財布事情が厳しくなければ「セミダブル」でなく、「ダブル」を利用した方がいいです。

設備に関しても「セミダブル」と「ダブル」で差をつけているホテルもあり、金銭的問題がなければ「ダブル」の方がおすすめ。

ツイン

「ツイン」はベッドが2台置かれた2人用の部屋のこと

ベッドは基本的にシングルベッド2台ですが、ホテルによっては違うこともあります。

「シングル」と「ダブル」、「ツイン」の違いとは?

「シングル」と「ダブル」、「ツイン」の違いはベッドの数や大きさだと考えるといいでしょう

表にするとこんな感じです。

定員 ベッドの数 ベッドの大きさ
シングル 1名 1台 幅100cm程度、長さ170~200cm程度
セミダブル 1~2名 1台 幅120cm程度、長さ170~200cm程度
ダブル 2名 1台 幅140cm程度、長さ170~200cm程度
ツイン 2名 2台 幅100cm程度、長さ170~200cm程度

ちなみに、ベッドの長さに関してはメーカーによる違いが大きく、宿泊前に確認するようにしたほうがいいでしょう。特に、背の高い方は足がはみ出てしまう場合があります。

また、これらのルームの他に、「トリプル」や「ファミリー」、「スイート」があるホテルも。「トリプル」や「ファミリー」はベッドの数や種類がホテルによって違ったりするので泊まる前に要確認。

ちなみに、ホテルによってルームごとに料金を設けている場合と人数によって料金を儲けている場合があることに注意。ホテル選びの際に頭にいれておき、安く泊まれるところを予約するようにしましょう。

 

いかがでしたか?

今回は「シングル」と「ダブル」、「ツイン」の違いについてお伝えしました。

基本的にはベッドの数や大きさだと考えるといいですが、ホテルによって違う場合もあります。そのため、あくまで目安だと考え、予約前にホテルに問い合わせるのが確実です。特に海外の場合は宿泊前の確認が大事。

ぜひ参考にしてみてください。