「エイ」と「マンタ」の違いとは?

大きくて優雅に泳ぐ「マンタ」は水族館の人気者。

対して、「エイ」は好んで釣りにいく愛好家もいますが、漁師の敵とも言われる魚です。

一般的には「マンタ」にはいいイメージを持ち、「エイ」はどちらかという悪いイメージを持った人が多いでしょう。

今回は、そんな「エイ」と「マンタ」の違いについてお伝えします。

エイ

エイ

「エイ」は魚類のうちシビレエイ目、ノコギリエイ目、ガンギエイ目、トビエイ目に分類される魚

また、鰓裂(エラの穴)が下面に開く魚類を総称して「エイ」と呼びます。

サメに近い魚ですが、サメは鰓裂が側面。

そして、日本ではアカエイやシビレエイ、ホシエイなどが知られていますが、海外を合わせると約530種類もいます。

アカエイの毒針やシビレエイの電気のイメージもあり、「エイ」を危険生物と認識している人もいるでしょう。

でも、多くの種類は海底にいて貝などを食べており、比較的おとなしい性格です。

マンタ

マンタ

「マンタ」は「エイ」の一種で、トビエイ目に属する魚

世界最大のエイの「オニイトマキエイ」のことを指すことが多いです。

そして、最近まではこの1種と一緒にされていたんですが、「ナンヨウマンタ」が別の種類と判明。

「オニイトマキエイ」と「ナンヨウマンタ」のことを「マンタ」と呼びます。

どちらもアカエイのような毒針はありません。

また、カツオのように泳ぐことでエラ呼吸しているので、回遊し続ける魚。

食べるものも貝ではなく、泳いでいる小魚を食べます。

性格がおとなしいのはエイに似ている点です。

そして、「マンタ」に関しては謎が多く、解明されていないこともたくさんあります。

「エイ」と「マンタ」の違いは?

「マンタ」は「エイ」の仲間で、生物学上は「エイ」の1種です。

でも、多くの人が「マンタ」にいいイメージを持ち、「エイ」に悪いイメージを持つという違いがあります。

日本で見られる「エイ」が毒針があるなどの危険生物なので、このイメージを払拭するのは難しいでしょう。

また、「マンタ」は回遊魚、「エイ」は海底でじっとしていることも多い魚。

 

いかがでしたか?

今回は「エイ」と「マンタ」の違いについてお伝えしました。

「マンタ」も大きく分ければ、「エイ」の仲間という結果。

でも、それを聞いたとしても、水族館の人気者「マンタ」と危険生物の「エイ」ではイメージが似ても似つきませんね。

ぜひ参考にしてみてください。