「居眠り」と「うたた寝」、「仮眠」の違いとは?

「居眠り」と「うたた寝」、「仮眠」はどれも短時間眠るときに使う言葉。

「居眠り」は学校の授業中に眠ってしまうときに使うイメージがあり、「うたた寝」は家でくつろいでいるときに寝てしまうイメージ、「仮眠」は睡眠時間がなかなか取れない人が隙間時間を使って寝るイメージがあります。

あなたはどんなイメージをしますか?

今回はそんな「居眠り」と「うたた寝」、「仮眠」の違いについてお伝えします。

居眠り

「居眠り」は座ったり腰かけたりしたままで眠ること

「居」という漢字には座るやそこに居るといった意味があります。

また、一般的には眠ってはいけない状況で寝てしまうときに使う言葉。例えば、「居眠り運転」や「授業中に居眠りしてしまった」といった使い方です。

うたた寝

「うたた寝」は寝るつもりはなく、床に入らないでうとうとと眠ってしまうこと

漢字で書くとわかりやすく、「転寝」。

「転」には横たわるという意味があり、寝るつもりはないので布団やベッドには入らず、横になっているうちに眠ってしまった状態が「転寝」です。

例えば、「動画を見ながらうたた寝してしまった」といった使い方をします。横になっていなかったり、布団に入っていたりした場合は「うたた寝」とは言いません。

仮眠

「仮眠」は短時間の睡眠を取ること

通常の睡眠時間を取れないときに、一時的に眠るときに使います。例えば、夜勤前や長時間の車の運転の前にとるのが「仮眠」です。

そして、「居眠り」や「うたた寝」と違うのは、眠ってしまうのではなく、自ら寝ているところ。

「居眠り」と「うたた寝」、「仮眠」の違い

「居眠り」と「うたた寝」の違いは体勢。椅子に座ったまま眠るのが「居眠り」、横になって眠るのが「うたた寝」です。「仮眠」の場合は体勢や寝る場所の指定はなく、机に伏せて寝ていても自主的なら「仮眠」ですし、椅子に座ったままでも自ら寝ているなら「仮眠」、布団やベッドに入って普通に寝るのも通常寝るよりも短時間なら「仮眠」となります。

また、「居眠り」と「うたた寝」は意図しないで寝てしまったときに使い、「仮眠」は自ら寝たときに使うのが違い。

 

いかがでしたか?

今回は「居眠り」と「うたた寝」、「仮眠」の違いについてお伝えしました。

「居眠り」や「うたた寝」のように意図せずに寝てしまう言葉は他にも「寝落ち」があります。「寝落ち」は何かの作業中に眠ってしまうことを指す言葉で若者を中心に使われていますね。「寝落ち」も体勢の指定はないので、椅子に座ったまま寝てしまった場合も寝床以外で横になって寝てしまった場合も使える言葉。

ぜひ参考にしてみてください。